小物やインテリア雑貨、キッチン道具から懐かしの玩具まで。和風アイテムを取り揃えたお店、和敬静寂

こだわりの和雑貨 和敬静寂本店

  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft
  • イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft

イホシロ窯 箸置き 手裏剣 十字 (4-723) 美濃焼 岐阜県の工芸品 Minoyaki Chopstick rest, Gifu craft

550(税込)

5ポイント還元

商品コード 20021270
数量

包装紙ラッピング(ご希望の場合)

売り切れ
カートに入れる
これ焼き物?
そんな言葉を口にしてしまうほど心ときめく小さなミニチュア。
箸置きとして作られていますが、箸置きという枠にとらわれずインテリアとしても大活躍してくれるアイテム。

一つ一つ丁寧に作らなければ出来ない細やかな部分を見事に表現しているのですが、「リアル」というより「可愛らしい」と見えるのは、手作業のぬくもりのおかげかも知れません。

楽天やYahoo、Amazonなどのモールで販売出来ない契約となっており、当店でもこの本店のみでの取り扱いとなっております。

何種かを箱に入れて、贈り物にしても喜ばれるアイテムです。

>> イホシロ窯・箸置き の一覧はこちら

サイズ:約5.1×5.1×高1.1(cm)
素材:陶

包装・ラッピングについて

当店の商品をお買い上げいただき、その商品のラッピングをご希望のお客様は、カートに入れるボタン上のラッピングオプションにてご指定ください。
(※ラッピング選択肢のある商品のみ対応可能です)

  • 和紙包装紙
  • 和紙袋
  • のし紙

イホシロ窯について

創業1960年8月、設立1991年、開窯2007年の窯元です。
イホシロ窯は、 緑豊かな町、岐阜県瑞浪市にあるマスターズクラフト(株)の社内工房として2007年にスタートし、現在は20数名の職人が主に可愛らしい箸置きを制作しています。
イホシロは、漢字にすると【五百代】となります。
五百代は、会社の所在地の古い字名です。
また初代が創業した五嶋陶器の五と百代の組み合わせで縁起が良いことから、長く続く会社を想い命名しました。

気持ちと手を大切に

創業当初からの想いは、“心ときめく器づくりをめざして”です。
生まれ育った町を出て、ふと故郷に帰った時に偶然出会った中学時代の初恋の人。
忘れていた心のときめき。
そういった心のときめきを「やきもの」で表現することは極めて困難だとは思いますが、それに似たちょっとした心のときめきが感じられるようなものを陶磁器で作りたいと思い仕事をしています。

モノのデザインと制作は、つくるときの気持ちが大切です。
ちょっとした微妙な造作が可愛らしさや品質を決めることになりますので、気持ちを形に伝えるように心がけています。
そして、大量生産や機械加工の方法はとらず、ひとつひとつ丁寧に作っています。
機械音を極力排し、工房内では心地よい音楽を聴きながら仕事をしています。

関連商品

最近チェックした商品

マイページにログインして保有ポイントや購入履歴をご確認いただけます

新規会員登録ですぐに使える
500ポイントをプレゼント!

  • 日本の工芸品
  • 福を招く縁起物
  • 猫部屋
  • 独楽で遊べ!