商品コード:20015053
京からかみ 木版スタンプセット 叶文 厄除け スタンプ5個入り 京都府の工芸品 Karakami woodblock stamp set
アイテムイメージ

カタログコード:
JANコード:
販売価格 (税込) 8,140円
当店ポイント74P進呈
在庫数:3個
もしイメージと違ったら?
未開封・未使用であれば、返品・交換対応いたします。
商品到着後7日以内にご連絡ください。
返品について詳しくはこちらをクリック>>

昔から、祈願の対象として珍重されてきた文様を、カテゴリーごとにまとめました。
恋文やお見舞いの手紙に添えて願いをかけたり、宝くじの袋に押して運気をアップさせたり、目的に合わせて対象の文様をお選びください。
叶える使い方は人それぞれです。

こちらは獅子文、五芒星文、籠目椿文、風鈴文、揚柳文の5種類が入った縁結びスタンプセットです。

【獅子文】
古代ペルシャなどの西域では、ライオンは太陽の力を宿す聖獣として貴ばれていました。
それを中国風にアレンジしたものが獅子で、邪気を払う魔除けの意味を持つと言われています。
獅子を沖縄方言で発音したものが、この文様の“シーサー”です。

【五芒星文】
互いに交差する長さの等しい五本の線分の図形を図案化したもので、一筆書きが可能な為か世界中で魔術の記号に用いられています。
日本では、陰陽道における魔除けの呪符として伝えられ、平安時代の陰陽師“安倍晴明”との関わりの深い文様です。

【籠目椿文】
椿は冬も緑の葉が枯れることなく艷やかであり、春を告げるように花が咲く事より、古来より呪力を持つ神木とされていました。
籠目は、網目が魔除けの印の五芒星に見えることや、正三角形を上下に重ねた形は邪を払うとされ、椿と合わせて災難厄除に通じるといわれます。

【風鈴文】
巫女が振る神楽鈴や、神社の拝殿で振り鳴らす鈴には魔除けの霊力があり、同時に清らかな鈴の音には神を招く力があるとされています。
風鈴のルーツは中国で、家の四隅に取り付けた鐘の音で邪気を払い、吉凶を占う“風鐸”と呼ばれたものでした。

【揚柳文】
中国から渡来した柳は日本でも神霊が宿る木とされ、その生命力の強さからも魔除けの霊力を期待されて、様々な儀式・行事に用いられてきました。
燕は軒下などで巣作りし、周囲の蚊や蝿などの害虫を食べてくれることから、病気を遠ざけるとされています。

>> からかみ木版スタンプ叶文の商品一覧はこちら

※スタンプ使用の際は先に版面を湿らせておくと、インクのノリが良くなります。
※水性のインクをご使用ください。また、使用後は速やかに洗い流してください。
※洗浄の際は柔らかいスポンジまたは手で行ってください。

スタンプ(小)サイズ:3×3×3(cm)
スタンプ(大)サイズ:6×3×3(cm)
化粧箱サイズ:7.4×11×3.5(cm)
素材:朴の木

●商品写真の色味について

商品写真は、実際の品物の色に近づけるよう努力をしていますが、ご覧いただいているPC・スマートフォン・タブレット等の端末環境により、多少色味が違って見える場合があります。予めご了承ください。