商品コード:20015052
京からかみ 木版スタンプセット 叶文 無病息災 スタンプ6個入り 京都府の工芸品 Karakami woodblock stamp set
アイテムイメージ

カタログコード:
JANコード:
販売価格 (税込) 7,992円
当店ポイント74P進呈
在庫数:0個
在庫切れ
もしイメージと違ったら?
未開封・未使用であれば、返品・交換対応いたします。
商品到着後7日以内にご連絡ください。
返品について詳しくはこちらをクリック>>

昔から、祈願の対象として珍重されてきた文様を、カテゴリーごとにまとめました。
恋文やお見舞いの手紙に添えて願いをかけたり、宝くじの袋に押して運気をアップさせたり、目的に合わせて対象の文様をお選びください。
叶える使い方は人それぞれです。

こちらは西王母文、熨斗文、薬玉文、月兎文、松喰鶴文、菊文の6種類が入った縁結びスタンプセットです。

【西王母文】
西王母とは、桃の別名です。
中国の神話では、不老不死の仙薬を持つ仙女、西王母が住む仙郷には桃園があり、三千年に一度実るという桃を食べれば寿命が延びると言われています。
ここから桃は長寿を象徴する瑞兆果となりました。

【熨斗文】
熨斗鮑(のしあわび)の形を表した文様。
「のし」は言葉が「伸す」で、「延す」と同音の為、長生き・延命長寿を意味し、またご縁を「延す」という意味から最もおめでたい吉祥文様となりました。

【薬玉文】
現在の薬玉は、運動会・新装開店等で割られる紙吹雪の飛び散るものですが、本来は古代中国の五月の節句に用いた厄除けの飾り物です。
薬や香料(麝香・沈香・丁字)を錦地の袋に入れてヨモギ・菖蒲・五色の紐を長く垂らし、邪気を払い悪疫を除く延命長寿の意味を持ちます。

【月兎文】
中国では太陽の中に三本足の鳥が、月の中には兎が棲むとされていました。
また、中国古来の「淮南子伝説」では、月の世界に一匹の兎が不死の仙薬を搗き続けると言われ、日本でも飛鳥時代に円の中に薬壺と兎を組み合わせた図が見られます。

【松喰鶴文】
鶴がくちばしに、一枝の松をくわえて飛翔する姿を描いたのが松喰鶴文です。
千年の寿命と言われる鶴と、同じく長寿を意味し吉祥のシンボルである松との組み合わせは、文様として広く好まれて鏡や蒔絵、染織物などに多く取り入れられてきました。

【菊文】
その昔中国で菊は、薬で菊を浸した水を飲むと長生きすると言われ、菊酒を飲んで菊の花を鑑賞し長寿を祝い延命を願う風習がありました。
日本でも、菊と水を組み合わせた菊水文様を身に付ければ元気が湧いてくると言われるようになりました。

>> からかみ木版スタンプ叶文の商品一覧はこちら

※スタンプ使用の際は先に版面を湿らせておくと、インクのノリが良くなります。
※水性のインクをご使用ください。また、使用後は速やかに洗い流してください。
※洗浄の際は柔らかいスポンジまたは手で行ってください。

スタンプサイズ:3×3×3(cm)
化粧箱サイズ:7.4×11×3.5(cm)
素材:朴の木

●商品写真の色味について

商品写真は、実際の品物の色に近づけるよう努力をしていますが、ご覧いただいているPC・スマートフォン・タブレット等の端末環境により、多少色味が違って見える場合があります。予めご了承ください。